愛知県に技能実習生を扱う団体はいくつある?

監理団体の特徴や選び方解説

愛知県は、国内で最も外国人技能実習生が働いている街です。

その受け入れ企業の中には、世界に誇る日本企業「トヨタ」なども外国人技能実習生を受け入れています。

そして、外国人技能実習生を受け入れて企業に送り出す監理団体自体の数も多く、企業を支える体制が充実しているのも事実です。

愛知県にはOTIT(外国人技能実習機構)が認定しているものだけで、260を超える監理団体が技能実習生を送り出しています。

この記事では、愛知県の企業がどこの監理団体を使っているのか、また監理団体を選ぶときのポイントなどを、詳しくご紹介します。

愛知県の企業はどこの監理団体を使うの?

一部の愛知県企業では、東京にある監理団体を選んで利用しています。

とは言え、愛知県には数多くの監理団体が存在しているため、円滑なコミュニケーションを目的として愛知県内の監理団体を利用する企業も多いです。

監理団体によって、どこの国からの技能実習生の受け入れを得意としているかに違いがあるため、受け入れたい希望の国籍や人柄次第で監理団体を選別するのもおすすめです。

監理団体の特徴とは?選ぶときのポイント

監理団体の特徴としては主には2種類が挙げられます。

  • どこの国から実習生を受け入れているのか
  • 一般監理事業の許可を受けているか

それぞれのポイントについてお伝えします。

①どこの国から実習生を受け入れているのか

一般的に、ベトナム、中国、フィリピン、カンボジア、ミャンマー、スリランカ、インドネシアなどの国から技能実習生の受け入れをしていることが多いです。

例えばサクセス協同組合の場合、真面目かつ熱心に仕事に取り組む人が多い国柄の「ベトナム」からの受け入れに力を入れています。

世の中の企業では、実習生が逃げるなどの問題が起こることもありますが、サクセス共同組合では実習生と企業様の双方サポートに力を入れているため、「後悔しない」ベトナム技能実習生をご紹介することが可能です。

②監理事業の許可を受けているか

愛知県では監理組合を、「一般監理事業」と「特定監理事業」の2つに区分しています。

一般監理事業としての許可を出してもらうためには、3年以上組合として存属しかつ高い水準をクリアしている優良な監理団体である必要があります。

また、一般監理事業から実習生を受け入れる場合、通常3年間の受け入れが可能なことに対し、条件を満たすことで2年間の延長をすることが可能になります。長期で受け入れを考えている場合には、一般監理事業の認定を受けている監理組合を探すのも手です。

サクセス協同組合は愛知県の企業を応援しています

ご不明点があればお気軽にお声かけ下さい。

まずはお気軽にご相談ください!

サクセス協同組合は、名古屋から40分の距離にある岐阜県の美濃加茂市に拠点を置いています。
実際に、当社の愛知支部を中心に多くの愛知県企業様と連携をさせて頂いている実績もございます。

外国人技能実習生の受入に関するご質問やご相談、なんでもお答えします!
受入費用の概算見積や独自の教育カリキュラム構築などもお気軽にご相談ください。

※※※無理な営業は一切いたしません※※※
お問い合わせをいただいた際に、しつこい営業をすることはございません。
安心してお問い合わせください。
お電話でのご相談 受付:8:30~18:00(土日休)

0574-66-1610

メールでのご相談

24時間受付しております。

お問い合わせ