外国人技能実習生って何?

外国人技能実習制度とは

外国人技能実習制度は、諸外国の技能実習生を受入れることで、日本の企業が開発・培ってきた技術・技能・知識などの移転を図り、各国の産業発展に貢献する若い人材の育成を目的として設けられた事業制度です。

受入企業にもさらなる事業活動の活性化や国際化に貢献できる制度として注目されています。

3年間、海外より人材を受け入れ

外国人技能実習生とは、海外より人材を受け入れ、3年間一緒に働いてもらう制度です。

そして、技能実習生は3年間の日本での労働経験により得た技術や知識を持ち帰り、母国の発展につなげることを目的としています。

実習生はいつやってくる?

技能実習生は現地で面接をして採用が決まってから、約7~8ヶ月後に現場にやってきます。

これは入国前に6ヶ月、入国後に1ヶ月の事前講習を受講することが義務付けられているからです。

実習生がやってくるまでの期間を活かして、効率よく受け入れ準備する方法

実習生受入にいくらかかるの?

実習生受入にかかる費用は大きく分けて2種類です。

①受け入れと入国にかかる費用(初期費用)
②実習中に監理団体に支払う費用(月額)

受入費用の詳細はこちらから

協同組合って何?

監理団体(協同組合)とは、技能実習生を受入れ、その活動および受入企業へのサポート等を行う非営利団体です。

一企業が単独で実習生を受入れることは非常に難しいため(企業単独型)、協同組合に加入することが一般的です(団体監理型)。

実習生への給与・保険は誰が払うの?

技能実習生への給与・保険料は、受入企業が支払います。

これは技能実習生は正社員と同じ雇用形態であるためです。

外国人技能実習生と会って不安や悩みを解消しませんか?

まずはお気軽にご相談ください!

サクセス協同組合は全国対応!お近くの駐在員が受入を希望する企業様を迅速にサポートいたします。
ZOOMによる打ち合わせ・面談も可能ですので、
外国人技能実習生の受入に関するご質問やご相談、何でもお問い合わせください!

受入費用の概算見積や独自の教育カリキュラム構築などもお気軽にご相談ください。

※※※無理な営業は一切いたしません※※※
お電話でのご相談 受付:8:30~18:00(土日休)

0120-32-4145

メールでのご相談

24時間受付しております。

お問い合わせ