選考と講習

外国人技能実習生は、送出国において候補者を選び、その中から選考を行います。

選考により受け入れる実習生が決定したら、そこから6ヶ月間現地で講習を受けた後に入国、入国後も1ヶ月の講習を受けることで晴れて受入企業にやってきます。

送出国での選考

技能実習生の候補者は高等学校卒業以上の学歴がある若者です。身元が確かな人を送出国政府が責任を持って選んでいるので、日本入国後も、母国家族とも速やかに連絡を取ることができます。

日本での技能実習を最後までやり遂げられるよう、送出国ではさまざまな選抜テストを実施して候補生を選びます。

学科試験

面接

体力テスト

健康診断

送出国での講習

日本での事前講習

サクセス協同組合は、専用の研修センターを所有しております。

実習生と同じ母国の通訳スタッフや専属の講師が、受入直前の事前講習として、日本で必要なマナーや生活習慣などを教えます。

また受入企業様の状況に合わせたオリジナルのカリキュラムを組むことも可能です。

外国人技能実習生と会って不安や悩みを解消しませんか?

まずはお気軽にご相談ください!

サクセス協同組合は全国対応!お近くの駐在員が受入を希望する企業様を迅速にサポートいたします。
ZOOMによる打ち合わせ・面談も可能ですので、
外国人技能実習生の受入に関するご質問やご相談、何でもお問い合わせください!

受入費用の概算見積や独自の教育カリキュラム構築などもお気軽にご相談ください。

※※※無理な営業は一切いたしません※※※
お電話でのご相談 受付:8:30~18:00(土日休)

0120-32-4145

メールでのご相談

24時間受付しております。

お問い合わせ