外国人技能実習生受入を検討中の企業様へ
入社決定後1週間でここまで話せるようになります。 建設・製造・食品業界に特化した送出機関と入国後の充実したサポートで、技能実習生受入をお助けします
外国人技能実習生の受入費用、いくらかかるの?
候補者探しから入国、給与、生活費、受入終了まで
業種や人数で異なる技能実習生の受入費用を、無料でお調べいたします
企業名必須
業種必須
メールアドレス必須
プライバシーポリシーに同意の上、下記ボタンを押してください。

送出し機関とは

現地での外国人技能実習生の日本語学習風景

送出機関とは、諸外国において技能実習生になりたい候補者を公募し、日本の監理団体に取り次ぐ機関です。

送出機関でもそれぞれ特徴が異なり、人材の集め方や日本語教育体制などに違いがあるため、送出機関によって実習生の力量が異なってきます。

建設・製造・食品業界に特化 建設・製造・食品業界に特化

サクセス協同組合では、建設・製造・食品業界に適した実習生候補者を集めることができる送出機関と提携しています。

男性・女性問わず、ご希望の人材を探すことができますのでまずはご相談ください。

また各送出機関は現地で日本語学校も運営しているため、実習生は入国する前に日本語コミュニケーションがとれるレベルまで上達することができます。

彼らの様子をブログでも紹介していますので、ぜひこちらもご覧ください。

技能実習生ブログを読む
外国人技能実習生受入を検討しているほぼすべての企業が日本語に関する不安をいだいています。

外国人技能実習生の入国後の日本語教育・サポートならサクセス協同組合におまかせください

入国後の事前講習は自社教育センターにて実施

技能実習生は、入国後1ヶ月間日本語教育を受ける義務があります。

サクセス協同組合では、協同組合事務所に併設された専用の教育施設「サクセス研修センター」を所有しており、入国した実習生はまずここで日本語および日本で生活するために必要な習慣やマナーを身に着けます。

研修センターの近くには技能実習生のための寮もあり、そこで共同生活をしながら、実際の日本での生活に慣れることができます。

そのため実際に受入企業様に入社するまでには、日本語でのコミュニケーション力や生活マナーを身に着けることができます。

母国語通訳と日本人スタッフによるサポート

慣れない土地で働く実習生は常に不安と心細さを抱えています。

そこで彼らが気軽に相談できる相手として、実習生と同じ国出身の通訳が組合事務所に常時待機しています。

一方、受入企業様の相談窓口として日本人スタッフもオンラインでスピーディに対応できる体制を敷いていますので、お困り事があればすぐに対応することができます。

日本語能力検定試験対策もサポートします

技能実習生は、日本での実習を開始して2年目に入る時点で日本語能力試験のN3に合格しているか、同程度の能力を有していることが求められます。

N3…日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができ、新聞の見出しなど内容の大体理解できるレベル。ほぼ自然に近い速さで話しても理解できる。

サクセス協同組合では、日本語能力検定試験対策もサポートいたしますので、受入企業様側で試験対策などを講じる必要はありません。安心してお任せください。

入社前研修1週間でこれだけ話せるようになります!

外国人技能実習生の受入費用、いくらかかるの?
候補者探しから入国、給与、生活費、受入終了まで
業種や人数で異なる技能実習生の受入費用を、無料でお調べいたします

5つの失敗事例から学ぶ外国人技能実習生受け入れたのための協同組合の選び方

失敗事例1. 入国後のフォローが一切にない

外国人技能実習生を現地で手配し日本に入国させた後は一切フォローがなく、日本語教育や生活サポートを自社で行わざるを得なかった。

入国後のフォロー内容

入国後、どのようなサポートをしてくれるのか、具体的内容を確認する必要があります。


⇒サクセス協同組合では、入国後の日本語教育や仕事・私生活両面における手厚いサポートを提供します。

失敗事例2. 日本語の指示が伝わらない

難しい専門用語や複雑な作業指示を日本語で伝えることができず、現場の作業に遅れが生じた。

日常的な通訳サポートはあるか?

どうしても日本語では伝えられないことも発生しますので、すぐに利用できる通訳サポートが重要です。


⇒サクセス協同組合では、組合事務所に待機している専属通訳が即座に通訳対応します。

失敗事例3. ホームシックになって逃げ出した

作業や環境になじめず孤立感を深めて、途中帰国してしまった。

実習生が相談できる環境があるか?

公私に渡って、実習生が孤立しないようなサポート環境が整っているか確認しましょう。


⇒サクセス協同組合では、実習生が孤立しないよういつでも相談できる体制を整えています。

失敗事例4. 夜中に騒いで近所からクレームが

生活習慣の違いやマナーの違いを知らないまま生活を始めたため、近所の住人から会社にクレームが来た。

生活面でのサポートがあるか?

職場だけではなく生活面でのサポートやマナー教育を行っているか確認しましょう。


⇒サクセス協同組合では、生活習慣やマナー、職場に応じたルールを身につける独自の講習を行います。

失敗事例5. 定期監査に来ない

法律で定められている3ヶ月に1度の定期監査に来ず、外国人技能実習機構から書類不備を指摘された。

定期的な訪問サポートがあるか?

定期監査やその他に実際に訪問してもらえるサービスが受けられるか確認しましょう。


⇒サクセス協同組合では、定期訪問はもちろんのこと書類管理・申請手続代行も万全の体制で行っています。

サクセス協同組合の特長を見る
外国人スタッフ派遣事業9年、定着率92%以上のサクセス協同組合におまかせください

サクセス協同組合は、外国人スタッフ派遣の経験が豊富なスタッフを中心に運営しています。

9年間にわたって企業と外国人スタッフの双方が仕事・私生活の両面で気持ちよく働くことができるためのサポートを行ってきました。

そのノウハウをもとに技能実習生が3年間日本でしっかりと実習が行えるサポートを提供させていただきます。

外国人技能実習生の受入費用、いくらかかるの?
候補者探しから入国、給与、生活費、受入終了まで
業種や人数で異なる技能実習生の受入費用を、無料でお調べいたします
企業名必須
業種必須
メールアドレス必須
プライバシーポリシーに同意の上、下記ボタンを押してください。