技能実習3号になるためには

技能検定3級相当に合格し、日本での技能・日本語力向上を目指す実習生は一時帰国の後、2年の実習延長が可能となります。

※実習実施者、監理団体への条件クリア及び外国人技能実習機構から優良認定が必要となります。