技能実習生受入に関する費用

技能実習生受入のために必要な経費・費用とは?

技能実習生の必要経費、ここをチェック!

技能実習生を受け入れる際に必要な経費には

組合によって金額が異なる経費

どの組合でも共通な経費

が存在します。

技能実習生受入の際の協同組合選びの際には、ぜひこの経費に注目してみてください。

下記では

赤文字…組合によって異なる経費

緑文字…どの組合でも共通な経費

となります。

また『技能実習生受入の協同組合選びで抑えておくべきポイント』もご参考ください。

実習生1人あたりの受入に必要な費用例

組合加入から入国までに必要な経費(例)
組合加入組合申込金¥10,000
現地講習ベトナム現地講習費¥20,000
保険実習生総合保険¥24,500
申請関連在留資格認定申請書類作成・申請書類提出

¥30,000

 技能実習機構手数料・計画認定手数料(技能実習1号分)¥3,900
入国後講習入国後1ケ月の講習費¥85,000
 講習時の実習生生活手当¥60,000
交通費空港送迎費¥10,000
 来日渡航費¥45,000
合計 ¥288,400

■組合申込金
組合申込に必要な料金です。

■ベトナム(現地)講習費 
受入前(入国前)にベトナム現地にて実習生に講習を実施します。

■実習生総合保険
労災等が適用されない範囲での実習中の傷害・疾病・賠償事故に備えた保険に加入します。

■在留資格認定申請書類作成/申請書類提出
実習生が日本で働くために必要な在留資格を取得するための手続きを行います。

■技能実習機構手数料/計画認定手数料(技能実習1号分)
技能実習を行うための技能実習計画を作成し、認定申請を行います。

■入国後1ケ月の講習費
入国後1ヶ月は当組合が運営する教育施設(サクセス教育センター)にて事前講習を実施します。

■講習時の実習生生活手当
講習中の実習生が生活するために必要な経費です。

■空港送迎費
空港間の送迎費です。

■来日渡航費
ベトナム-日本間の移動費となります。飛行機代など時期により変動します。

受入中に必要な経費(例)
実習生入国1年目技能検定試験料¥21,000
 申請時書類作成・取次費¥30,000
 在留資格変更申請印紙代¥4,000
実習生入国2年目申請時書類作成・取次費

¥30,000

 技能実習機構手数料・計画認定手数料(技能実習2号分)¥3,900
 在留資格変更申請印紙代¥4,000
実習生入国3年目技能検定試験料¥21,000
帰国時帰国渡航費¥45,000
合計 ¥158,900

月額管理費

組合加入にあたり、月額管理費が発生します。管理料は受入人数によって異なります。

■送り出し機関/組合管理費/組合費

毎月の巡回訪問・生活指導・通訳・使用書翻訳・実習生の相談窓口設定などのための費用となります。

■JITCO年会費
JITCOに加入している場合、年会費50000円が別途発生します。

費用シミュレーション

その他経費

組合に支払う費用以外に必要となる主な経費は以下のものがあります。

■技能実習生選抜に関する紹介費や運賃
現地での実習生選抜面接には、企業担当者様にもご参加いただくことを推奨しております。
そのための現地渡航費(飛行機代と宿泊費)をご負担いただきます。
※当組合では飛行機代+宿泊費以外の滞在経費(送迎や通訳・現地コーディネート費)は不要です。
 また宿泊についても当組合が提携する3星ホテルに格安で宿泊できます。(1泊最大1万円)

■給与
実習生は正社員と同じ扱いとなるため、直接給料を支払う必要があります。
その給料額は各企業で決めることが可能です。(相場:16万円~18万円/月)

■各種保険
実習生も正社員同様の各種保険(社会保険・厚生年金・雇用保険)の加入が義務付けられています。

■寮の準備
実習生が居住する寮の準備が必要です。
1人あたり3畳以上のスペースの確保と最低限の生活用品の準備が必要となります。
(冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、ガスコンロなど)

なお、寮費と光熱費は実習生の負担とすることができます。(給与天引き可能)

具体的な費用はお問い合わせください

技能実習生受入に必要な費用は、受け入れる職種や人数、地域などによって異なります。

具体的な受入費用をお知りになりたい場合は、当組合にて無料でお見積もりいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

ご依頼は下記バナーをクリック後、フォームからお問い合わせください。